エレガント・スタイルにウットリの秋のキャンドルとフラワー

2019年10月レッスンの「キャンドル・フラワーアレンジメント」は、エレガントな雰囲気のフラワーアレンジメントがお好きな方にピッタリ!のデザインです。

ワンディレッスンでご制作頂くものとしては、ボリュームがあって、大人気!

高さ34cm 幅26cm 奥行き20cm

*かなりの大きさです!

花器は、グレイッシュトーンの曲線が美しいヨーロッパ調のものを使用しました。

お花は、アーティフィシャルフラワー(造花)を使用しております。

かなり何年も長持ちしますので、季節が変わったら来年用にとっておくことも出来ます。

キャンドルアレンジメント
ご受講生様の作品です。

キャンドルの色が黒っぽくなっておりますが、バーガンディという赤紫系の色です。

このフラワーデザインのポイント:

花器やアーティフィシャルフラワー(造花)、キャンドルのカラーをエレガント色のカテゴリーで、統一しています。

目を惹く色の中心のアーティフィシャルフラワー(造花)は、女性好みのピンク。

そして、デザインに統一感をもたせるために、キャンドルの色と同色のアーティフィシャルフラワーの小花を使いました。

周りのグリーンは、種類が色々と入っております。

その中で、先がピンク色に紅葉している葉を使い、全体的な色の統一感を出して、秋の季節感を演出しました。

キャンドル・フラワーアレンジメント

受講生の声:

●とってもエレガントなデザインで、一目で気に入りました。

●家にアーティフィシャルフラワーを置くコーナーを三カ所作り、季節毎に取り替えて楽しんでいます。

アーティフィシャルフラワー・コーナーにこのキャンドルアレンジメントを置くと、本当にステキでうっとりながめています。

●キャンドルに灯を点した時は、お鼻の高さよりも短くなるまで灯を点けたままにしないことを教えて頂きました。

キャンドルを取り替えることも出来るようにもう一本同じ物をお願いしたり、きめ細かく希望を聞いて頂けてうれしいです。

●アートフォームにキャンドルを設置する方法を教えて頂いて、目から鱗でした。こうやると、アートフォームに穴が空かずに設置できて良いと思いました。

●下にいくほど細くなっている花器にアートフォームを入れるのはかなり難しかったです。先生からとても丁寧にやって見せて頂いて、それでもかなり難しかったです。

実際自分でもやってみて、こんな風になっているのだと納得しました。

●毎回、先生の選んで下さるお花の色合わせなどのセンスに惚れ込んでいます。ずっと続けていきたいと思います。

土台作りについて:

ご受講生からの声にもありますように、この花器にアートフォームを設置するのは、最初のうちは難しいと思います。

土台作りは、家を建築するときの基礎工事のようなものです。

基礎工事の部分の土台作りをしっかりとやると、美しいデザインを作ることが出来ます。

図解説明だけではわかりにくいときは、やってみせて、それからご自身の作品のための土台作りをして頂いております。

エレガントな秋のキャンドル・フラワーアレンジメント
ワンディレッスンのお申込み、詳細はこちらからご覧下さい。

こちらから