お仏花

お供えの花に決まりはあるのでしょうか? アーティフィシャルフラワー(造花)やプリザーブドフラワーの仏花もありますか?

お仏壇にお供えするお花について、決まり事はあるのでしょうか?

とご質問を頂きました。

お仏壇の花となると、生花でなければいけないという思う方も多いと思いますが、
実は、造花やプリザーブドフラワーでも心がこもっていれば大丈夫です。

特に、旅行や出張などで長期間家を空ける場合は、生花では枯れてしまいます。

また、生花は夏場は長持ちしませんよね。

枯れた花やしおれた花ではご先祖様に失礼です。

気にして頂きたいのは、花の色と本数です。

花の本数

3本、5本などの奇数にして下さい。

陰陽五行の考え方からきています。

奇数は陽数

偶数は陰数

陽数にすることです。

花の色

陰陽五行の考え方から、五色とされています。

赤、白、黄色、青(緑)黒(紫)

この五色のお花を入れるとよいでしょう。

また簡易的に三色でもよいとされています。

白、紫、黄色の三色を入れて下さい。

お仏花

上の画像は、最近オーダーが多いお仏壇用の仏花です。

アーティフィシャルフラワー(造花)を使用しています。

い菊、色の小花、黒(紫)の蘭、いローズ、(緑)は葉の色で、五色です。

花器は金属製の卵のような形で、丸いフォルムが洗練された雰囲気です。

内側は、輝く黄金色で、

外側は、つや消しの渋い金色です。

内側が天国なのかな?なんて想像できますね。

そこに、五色の花。

ご先祖様が喜んで下さることと思います。

左右一対でお供えして頂きいますが、現代風のお仏壇でしたら一つのお供えでよいかと思います。

また、決まり事はあるものの、故人が好きだったお花を供えるのも歓迎されます。

こちらは、赤い花の代わりにピンクのコチョウランを使っています。
お仏花
ピンク(赤)のコチョウラン、色の小花、、いローズとライラック、の蘭と菊、は葉の色で、五色にしています。

やさしいピンク色がお好きだった方に、お供えするお花です。

輝く黄金色と渋いつや消しのモダンな花器のフラワーアレンジメントは、とてもお洒落で穏やかな雰囲気をお部屋にもたらします。

お仏花
こんなエピソードがあります。

画像と同じお供えの花を、実家にある父のお仏壇にお供えするために送りました。

そうしたところ、弟がシュールでしゃれたフラワーアレンジメントだからと、自宅へ持ち帰って、リビングに飾っているそうです。
(実家には、あとからまたお供えするための仏花を送りました笑)

画像のものは、大サイズです。

一つだけ飾るのに向いています。

お仏壇の大きさにもよりますが、一対で飾るには、小サイズが向いているかと思います。

アーティフィシャルフラワー(造花)を使用しておりますので、ホコリや日光を避けて頂けば、5~10年くらい美しい姿を保ちます。
(置く場所の環境にもよります)

卵形金属製花器の仏花
大サイズ:  直径11.5cm×高さ18cm   9,500円(税別)

小サイズ:  直径11cm×高さ12cm    8,000円(税別)  一対(2個)15,000円(税別)

*別途送料がかかります。

お問い合わせはこちらから